広島・岡山・東京で印刷・AR作成・電子カタログ作成・音声コードなら正文社印刷所

0865-66-1687

企業情報

TOP > 企業情報

ごあいさつ

ともに発展を目指して。お客様に感動と満足のサービスを。

ごあいさつ
弊社は風光明媚な瀬戸内地方、「バラと歴史のまち」広島県福山市に本社をかまえております。遠方の皆様には、倉敷市と尾道市の中間点といった方がイメージが湧くかもしれませんね。

昭和22年の創業以来、製品の企画提案・デザインから最終加工までの一貫生産ラインを構築し、着実に事業規模を拡大してまいりました。おかげさまで皆様に支えられながら、様々なクライアント様と幅広いお付き合い、お取引をさせていただいております。 昭和60年には岡山県笠岡市に工場を竣工し、幅広いニーズに対応できるソフトとハードの連携により高い評価を頂いております。

弊社のコンセプトといたしまして、印刷サービスを核としながら「お客様に感動と満足を与えよう」の合言葉の基、社員一同誠心誠意仕事に取り組んでおります。業界に先駆けてISO9001及びプライバシーマークの認証も取得し、創業以来培ったクライアント様のニーズに合った思考と、顧客満足度を高める精神を持ち続け、常に良きパートナーとして「かゆい所に手が届く」会社としてお役に立ちたいと考えております。

代表取締役 

主要設備一覧

制作・プリプレス関連機器

Macintosh PC 33台
Windows PC 15台
AVANAS MultiStudio(WIndowsデータ変換ソフト) 1セット
Proof Checker PRO(デジタル校正ソフト) 1セット
Terra Map(GISソフト) 1セット
ORIS Press Matcher Pro(カラーマネージメントシステム) 1セット
Primo Jet PX-H9000(大判インクジェット 顔料) 1台
LP-1010L(モノクロラスタプロッタ) 1台

刷版関連機器

PT-R8600N 1台
樹脂版作成機 1台

印刷関連機器

菊全判4色機(反転機構付) 1台
菊全判4色機 1台
菊半裁4色機 1台
菊四裁単色機(ナンバリング+ミシンユニット付) 1台
封筒刷り込み機 1台
フォーム輪転機 1台
凸版単色機 2台
RICOH ProC651EX(オンデマンド印刷機) 1台
MD6650(デジタル印刷機) 1台

製本・加工関連機器

中綴じライン 1セット
無線綴じライン 1セット
折り機 3台
丁合機 1台
穴あけ機 1台
マーブル貼り機 1台
ミシン機 1台
断裁機 1台
自動三方断裁機 1台
バスター 1台
コレーター 1台
ラミネーター 1台
カッティングマシン 1台
シュリンクマシン 1台

ドローン関連機器

撮影用ドローン 2機
訓練用ドローン 4機

会社概要

社名 株式会社正文社印刷所
創業 昭和22年6月4日
設立 昭和38年2月4日
所在地 本社 : 〒720-0032 広島県福山市三吉町南2丁目1-12
   TEL : (084)924-1687
営業本部/笠岡工場 : 〒714-0064 岡山県笠岡市西茂平7-6
   TEL(0865)66-1687 FAX(0865)66-2003
東京営業所 : 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-20-11 植原ビル
   TEL(03)3984-1685 FAX(050)3156-0635
資本金 2,300万円
役員 代表取締役/市川敏幸
取締役会長/市川卓治
常務取締役/宮澤政治
従業員 36名
取引銀行 もみじ銀行 福山東支店
広島銀行 福山胡町支店
中国銀行 福山支店
中国銀行 笠岡支店
しまなみ信用金庫 東支店
面積 本社:335平方メートル
営業本部/笠岡工場:2,539平方メートル
建物(延) 本社:725平方メートル
営業本部/笠岡工場:1,365平方メートル

沿革

昭和22年6月 現社長祖父市川虎松が本社所在地に正文社印刷所を創立。
昭和26年8月 代表者の死去により市川安子が代表者として事業を継続。
昭和38年2月 株式会社に組織変更。
昭和40年9月 印刷品質向上を目指し西ドイツハイデルベルグ社の印刷機導入始まる。(計 6 台導入)
昭和43年2月 現社長父市川卓治が代表取締役に就任。
昭和44年4月 写真植字機 1 号機導入。
昭和46年7月 本社社屋(鉄筋 3 階建)完成。
昭和48年4月 組版工程の合理化のため活字印刷からコールドシステムへ全面転換。
昭和49年3月 ビジネスフォーム輪転機導入。
昭和54年6月 本社増築工事完了。
大型製版システムの導入。
昭和55年4月 小森製大型 2 色刷オフセット機導入。
昭和56年6月 欧文用電算写植システム及びデータ処理システムの導入。
昭和60年7月 3 方断裁機付中綴じライン機導入。
笠岡市西茂平に新工場建設。
三菱ダイヤ 4 色刷機、スタール折り機増設。
製版の明室システム完成。
電算写植システムライノトロン導入。
昭和62年11月 電算写植システム「ライノトロニック」の導入により文字処理・情報処理のシステム完成。
平成元年12月 トータルスキャナーΣ6000の導入による画像処理システムの完成。
平成2年2月 超高速BF用オフ輪導入。
平成4年8月 住友ミラー四六半裁 4 色刷両面機導入。
平成5年5月 MacintoshによるDTPシステム導入。
平成5年8月 全自動無線綴じライン導入。
平成7年7月 Lux Setter 5600の導入によりデジタル・プリプレスシステムの完成。
平成10年5月 住友ミラー菊全 4 色刷両面機導入。
平成13年2月 フルキシブルCTP DT-5120導入。
平成13年7月 楽天ビジネス等によるB to Bビジネスを開始。
平成14年1月 Color DocuTech 60導入によりオンデマンド事業を開始。
平成16年7月 三菱ダイヤ菊半裁 4 色刷機 入替え。
平成16年11月 大日本スクリーン PT-R8000 II 導入。
CTP及びCIP3システムの運用を開始。
平成17年4月 ISO9001:2000の認証を取得。
平成17年6月 プライバシーマークの認証を取得。
平成18年3月 代表取締役に市川敏幸が就任。
平成19年3月 三菱ダイヤ菊全 4 色機導入。
平成21年2月 オンデマンド印刷機(富士ゼロックス700 Digital Color Press)入替え。
平成22年1月 東京営業所を開設。
平成23年4月 ホリゾンクロス折り機 増設。
平成24年2月 無線綴製本ラインの更新。
ホリゾン高速無線綴ライン CABS4000Sを導入。
平成24年4月 2色刷りデジタル印刷機導入。
平成25年5月 ARを使ったコンテンツサービスを開始。
平成26年10月 自動三方断裁機の更新。ホリゾンHT-110導入。
平成26年11月 オンデマンド印刷機の更新。RICOH ProC651EX導入。
平成26年12月 カラーマネージメントシステム ORIS Press Matcher Pro導入。
平成28年12月 CTPの更新。PT-R8600N導入。
平成29年8月 ドローン事業部「瀬戸内ドローンプロジェクト」開設。

アクセスマップ

-お電話でのお問い合わせはこちら-

0865-66-1687

-メールでのお問い合わせはこちら-