広島・岡山・東京で印刷・ドローン空撮・映像制作・AR作成・電子カタログ作成・音声コードなら正文社印刷所

0865-66-1687

ニュース

TOP > ニュース > 動画制作における、撮影時間(プリプレス部)

動画制作における、撮影時間(プリプレス部)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社で承っている30秒 50,000円(税別)の動画制作。
撮影は、1~2時間程度行います。
「たった30秒の動画を作るのに、撮影に2時間かかるのはなぜ?」という声もいただくので、ここで動画撮影における“時間”についてお話します。

【1. 写真と動画の違い】
セッティングの時間を除いて、写真の場合はその場そのときの一瞬を切り抜くことが多く、必要な写真が撮れればすぐ違うカットの撮影に移ります。
動画の場合、10秒使うシーンであれば10秒以上の録画を。30秒使うなら30秒以上の録画を行います。また、同じシーンを別の角度から再度撮影することもあり、必要な時間録画をしていくため時間が必要となります。

【2. 動画素材の数について】
通常は撮影前に絵コンテなどを作成し、必要なシーンを撮影していきますが、撮影していないものを後から作りだすことは出来ないため、「あっ!あのシーン撮っとけば良かった・・・」とならないためにも、当初予定になかったシーンも撮影しておくことがあります。

【3. カメラのセッティングについて】
弊社で使用しているカメラは高性能なものなので、自動設定で撮影しても十分キレイに撮れます。
ただ、背景をぼかしたり、暗い場所での撮影など、自動設定では撮りづらいシーンが多くあります。
そのため、マニュアル設定で都度カメラのセッティングを調整して撮影を行っているので、撮影する前に少し時間が必要になります。

たった30秒でも、視聴者に「いいな」と思ってもらうためにはクオリティの高い動画が必要です。
そのためには編集だけではなく、撮影にも時間をかけています。
ただ、通常の動画制作よりも短い時間・低価格で制作が行えるので、「動画制作はちょっとハードル高いかな」と思っている方にもオススメです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-お電話でのお問い合わせはこちら-

0865-66-1687

-メールでのお問い合わせはこちら-